お酒

金曜夜ですから

健たまイベントでゴキゲンなアタシタチ、遅い時間からではあったけど、二人ともお気に入りの「さぬきや」さんへ。今日はあん肝と牡蠣はリクエストをしておいたけど、あとはいつも通りのお任せ。

まずはあん肝!添えられたポン酢のゆるゆるゼリーと鬼おろしが秀逸。

082

冬野菜の蟹あんかけ。蟹味噌がうますぎっhappy02

083

お造りも相変わらずのお仕事ぶり。

084_2

激ウマトマト!あま~いheart04

085

リクエストしておいた牡蠣。でかっ!

087

〆はあん肝のどぶ汁うどん!

088

今日の一等賞。ちなみにこれは若旦那いわくアタシへのご褒美shine 前回聞いた酵母の話を憶えていたので、ちょっとだけ酵母について気にかけていたのです。これはそのときにお話を聞いた「協会9号」酵母使用の特上大吟醸です。

086

今日も閉店後までおしゃべりしながらお邪魔させてもらっちゃった。アタシもえりぞうさんも大満足。今日は健たまにも会えたし、さぬきやさんでこれだけ美味しいもの、美味しいお酒をいただけて幸せなのらlovely

| | コメント (0)

エスニック&エスパーニャ

ねえねえ、エスニックがちゃちゃっと作れるオンナってカッコよくないかい?

ということで既に何回か参加しているあっきーのお誘いでタイ料理教室へ行ってみた。先生はその業界ではちょっとした有名人のらーぷこと鈴木直美先生。このお教室、とっても人気でなかなか予約が取れないらしいのだけど、あっきーのおかげでワタクシは苦労せず参加できたのでしたhappy01

お教室の会場は、なんと普通のお宅。マンションのリビングでの開催。こういうサロン的なのも初めてなのでワクワクします。

047

本日のメニューは(以下先生のブログより転載)

1.豚肉のスパイシーレモングラスサラダ
  フレッシュなレモングラスをたっぷり使ったとっても爽やかな和え物。
2.鶏の香り葉包み揚げ
  バイトーイと言う、甘い香りの葉っぱに下味をつけた鶏肉を包んで揚げもの。
  お肉が不思議とやわらか~く
、葉っぱの甘い香りも移って鶏肉がびっくりするほど美味しくなります。






3.牡蠣のお好み焼き風
  屋台でもお馴染みの牡蠣を使ったお好み焼き風。しゃきしゃきのもやしと一緒にチリソースで

と、みてるだけでお腹がグーグーなりそうなメニュー構成。

今日の参加者は9名だったんだけど、先生のデモのあとみんなでワイワイ楽しくお料理しました。

050

058

057

アタシ、ずっとバナナリーフが欲しかったんだけど、売ってるお店も教えてもらったし、タイ料理の調味料もいろいろと教えてもらって大満足。それにタイ料理ってとってもヘルシーで(しかしソースはかなりお砂糖を使用するので、ダイエット中の人はソースに手をつけなければあとはカロリー抑え目ですよん)特に女の子はこういうの好きな感じって思ったわ。

試食も美味しくて楽しかったし、こういうアットホームなお料理教室もなかなかいいかも・・・いずれアタシもこんなのを主宰できたらいいなぁとちょっと夢も膨らんじゃったわbleah

らーぷ先生の著書も買っちゃったし、この夏の居酒屋Yukkyにはタイ料理が登場しちゃうかもよ~smile皆様お楽しみに。

会場でそのまま二次会突入というプランもあったのだけど、アタシ達はプライベート二次会へ出発。

神楽坂のバル、エルカミーニョにて。ここ、アタシもあっきーも別口で来てたことがあったとは驚き。やっぱりバブラー友だわsmile

059

060

062

061

ボトル以外にもグラスで5杯くらい飲んじゃったような気がする。・・・よく憶えていないのだ。あっきーいわく、料理教室行ったこと忘れちゃうくらい充実の二次会だったのでした。そしてスペインバルに気をよくしたアタシ達、スペインに行こうと何故か多いに盛り上がる。酔っ払いな夜。

| | コメント (7)

仕事系新年会

上司と神田の「鍛冶屋」へ。久しぶり。しばらく行っていなかったので、「ちっとも来ねえから死んだかと思って線香あげてたよ!」と口が悪いマスターに憎まれ口を叩かれる。ふん!ぴんぴんしてますよ~だっ!

憎まれ口を叩かれながら、今日はめずらしい八海山の原酒をご馳走になってしまった。メニューには当然ない。奥から新品を出してきてくれて、なみなみと注いでくれた。

033

美味しゅうございました。今年の新年会は日本酒づいている。ジャパニーズな感じ、いいんじゃないかい。

| | コメント (0)

オンナノウタゲ2009新春~今年もよろしく!~

悪友達と早速新年会。M恭ちゃんがお正月という特殊事情の日なのに開いているお店を探してくれて予約しておいてくれたのだ。サンキュ!

一件目は和食のお店。地元の笹の川酒造の日本酒Onlyで作る「笹鍋」が自慢のお店らしい。

019

お酒もくいくいいきましたよ。お正月ですから。

020

限定の絞りたて原酒も。三人だもん、4号瓶いけちゃうよ。・・・って既にココにいたるまで相当呑んではいるのだがcoldsweats01

017

はいキリがいいところで移動します。二件目はアタシ達全員のお気に入りのBarへ。マスターが亡くなってから初めて伺います・・・合掌。今は当時からお店にいた女性バーテンの方が継いだようです。

恒例乾杯ショット。今年もよろしく!

021

ここの定番、ピエタングロワのホットサンド。これを食べると帰ってきた気がする。

023

やっぱりマッカランは好きなお酒。

024_2

好みを伝えてカクテルも作っていただく。これはu-chanのかな?

025

三人分まとめて。左からu-chan、アタシ、M恭。このカクテルからどんなメンバーかご想像していただくのも楽しいわね。

026

サービスで激アマ苺をいただきました。

027

続いて三件目。まだ行くかって感じ?

028

こうして今年も一年がスタートしました。この新年会しないと、一年が始まった気がしないくらい恒例行事だね。・・・そしてメンバーも一緒coldsweats01 まぁ、健康で変わりなく会えるということで良しということにしましょうねsmile

M恭、u-chan、今年もどうぞよろしくね。

むぅ、しかし飲みすぎだ。しかし反省はしないもんね~bleahちゃんと家に帰ったし。お正月ですからheart04

| | コメント (0)

オール山崎♪

好きなお酒の一つが「山崎」。日本が産んだ世界に誇れるものの一つだよね。

先日札幌に行ったとき空港で見つけたのがロイズの生チョコ「山崎」バージョン。冬季限定らしいです。ウィスキーのおつまみにはチョコ派なアタクシ的にはこれは迷わずGETしてきたのでありました。

656

山崎と山崎チョコ。最高の贅沢で至福のバータイム。ロイズのチョコに山崎はとっても合い、これは止まらない美味しさ。BGMは「響」のCMで一時使用されていたブラームスの1番としてみました。

| | コメント (0)

美味しくないよね~?

おフランス新酒の解禁日。コンビニにもスーパーにも処狭しとヌーヴォーが並ぶ。

でもさぁ、美味しくないよね~? 味は500円ワインだと思うんだけどな。でもこの日のために空輸されているヤツらはとても高い。その値段出して新世界系ワインでも買えばかなりふくよかなフルボディが買えるよね。

「味じゃないから」「お祭りだから」。まあね、誰かスポンサーがいればそういいましょう。とっても楽しいイベントとして飲めるでしょう。でも自腹じゃ買わないものの一つ、それがコイツ。

| | コメント (2)

秋の日本酒ナイト

三連休前の本日、心置きなく日本酒を♪ということで「さぬきや」再訪。

相変わらず美味なおつまみの数々♪

598

602

お酒もたっぷりいただきました。今日もお料理もお酒も全部お任せ。・・・オホホホ、オトナですから~heart04その辺のコムスメ、こんなことできるか?

599

601

603

606

609

いろんな種類をちょっとずつ楽しんだ夜。秋の夜長の日本酒は美味ですhappy01

| | コメント (2)

杜の都上陸!~1日目~

今日から1泊2日の予定で仙台上陸。主目的は仙台クラシックフェスティバル2008(通称せんくら)に行くこと。3日間で101公演もあるというすごいお祭りだ。昨年これに行ってみてとっても楽しかったというニューヨーカーさんご夫妻のお誘いのもと、今年はアタシも行ってみることに。

今日の午後から明日にかけて5公演のチケットを取っている。これは6月に取った分(正確に言うと取ってもらった分)。当日券があれば、滞在中に増えることも予想される。

まずはお昼ご飯ということで、朝市近くの「東屋」へ。

557

すごいでしょ!何だかこれだけでテンションがあがる。当然完食。ちなみにお値段は1300円程度だったかな。中おちととろろだけだったら1000円しない。

満腹のお腹をさすりながらいよいよイベント開始。まずは旭丘の仙台市青年文化センターへ。せんくらは全て地下鉄駅の近くのホール9会場で開催されるので、地下鉄一日乗車券で一日中移動するということになる。

大きな看板がお出迎え。

558_2

中に入ると全日程スケジュールとチケット販売状況を告げる大きな看板。

559

行きたかった公演の追加公演があるようだ。これも購入。これで明日は1公演の予定だったのだけど、2公演になった。あ、ちなみに全公演45分で前売り\1000。アタシは6公演だけどチケ代は\6000だ。しかもアーティストは超一流ばかり。こういうクラシックコンサートがあってもいい。

本日1公演目は雄倉恵子さんというピアニストの公演。全席自由席だったので、端っこながら一番前で聴く。のだめプログラムと名付けられたプログラムはどれも有名な小曲ばかり。小さな子供も楽しんでいた。

2公演目もアタシ達はこの会場。でもちょっと開演まで時間があるので、外に出るとものすごい大音響。そう、三連休中もう一つのビックイベント「みちのくよさこい」が開催中なのだ。全国から1万人の踊り子が仙台に集結しているらしい。(ちなみに、当然ながらホテルは争奪戦で、6月の時期から予約にはとても苦労したのよ・・・)

580

こんな感じで市内の随所にステージが設けられ発表の場となる。アタシ達もビールを片手に鑑賞。一生懸命練習してきたんだろうな~というすがすがしさがいい。つい引き込まれてしまう。

さてそろそろ次の公演の開演時間が近づいてきたのでホールに戻りましょう。

次は先ほどと同じホールでゲオルク・フリードリッヒ・シェンクさんというやはりピアニストの公演。ブラームスのインテルメッツォとベートーヴェンの「熱情」。特にブラームスの小品はなかなか実演で聴くことはアタシはなかったので、これは貴重な体験。奥様が日本人のようで最後には奥様の通訳によるインタビューもあり。

では次の会場へ移動しましょう。
本日三公演目はあっという間に完売になったというソプラノの菅英三子さんとテノールの中鉢聡さんによるデュオコンサート。室内楽のオケが伴奏というこれまた豪華版。モーツァルト、プッチーニ、ヴェルディ、レハールといったこれまたプログラムもゴージャス。菅さんの何の苦もないような超コロラトゥーラ、王子なルックスなのにちょっとお国の言葉も出ちゃったりするお茶目な中鉢さんの迫力ある「星は光りぬ」などなど、会場は拍手喝さい。これは贅沢だったな~。

で、本日ラストはニューヨーカーさんが大ファンというチェロの長谷川陽子さんとギターの福田進一さんによるデュオコンサート。これも早々に完売になっている公演。これだって\1000だからね~。信じられん。
指定席でちょっと後ろ、しかもフラットなフロアの会場だったのでほとんど見えなかったのだけど・・・お二人のデュオCDを買ってしっかりサインしてもらう。デュオCDで二人のサインが盤面にあるなんてこれは貴重でしょ。お二人ともとっても気さく。う~ん満足満足。(長谷川さんって某音楽事務所の所属で今回もマネージャー同行だったらしいけど、某テノール歌手との時とは大違いだ。某テノール歌手のときもこれくらい気さくなムードにしてくれたらいいのにね。某テノール歌手のガードは怖いもんね・・・。)

帰り道、よさこいのメイン会場の横を通る。丁度今日の打ち上げとのことで、よさこいに出ていないアタシたちまで乾杯のジュースをいただいてしまい、乾杯に参加してしまうsmile

562

こういうのも、お祭りの「振る舞い酒」のようで楽しい。

さてアタシたちも本日の打ち上げですよん。予約をしていた「まる特水産漁業部」という居酒屋にて。待ってろ、塩釜の魚と宮城の地酒!

563

本日のオススメという金華サバの姿造りでスタート!脂のりのり~!

565

松島のぷっりぷり牡蠣!でかっ!

564

秋刀魚だっていっちゃうよ。

566

お酒はね、当然仙台の地酒。口切だったよ。ラッキー♪ 最近、すっきり辛口より旨みのある純米原酒系に行き着いたアタシ的にはどちらもグッドscissors

567

〆は鯛茶。飲んだ後そんなに炭水化物を欲しないアタシも、ついオーダーする。

568

お刺身ではなく焼いた鯛に出汁をかけたもの。これは必食ですよ。香ばしさと鯛から出る旨みが絶品。

今日は他にも生ビール、お寿司、マグロの竜田揚げや蛸のから揚げ、酒盗などいろいろオーダーしたけど、一人4000円もいかなかったという、お値段はまさに居酒屋プライス。来年もこのお店だねとささやかに誓う。

杜の都は盛りだくさんだ。

| | コメント (2)

らんらんらら~らっららっら~♪

7月にサントリー白州蒸留所に行ったんだけど、このブログの記事をトラックバックするというキャンペーンをやっていて、応募していたんだよね。

で、じゃーん!見事入選とのことで、賞品が届きました。

463

これ、お誕生日の日に届いたみたいで、不在票が入ってたの。今日無事に再配達をしていただいたのでした。

すごいお誕生日プレゼントだな。今年は幸先いいぞ!

業務連絡。同行メンバーの皆様、これでまた宴会ですぞ!

| | コメント (0)

小淵沢で避暑2008~サントリー白州蒸留所へ行ってみた~

今回のメンバーはお酒工場大好きメンバー。過去にもオリオンビールの工場、ワイナリー、泡盛工場などなど、思い当たるだけでもいろいろ行ってる。

ということで、今回はサントリー白州蒸留所へ行ってみることへ。

385

かなり広い。

370

ガイドツアーを申し込んだが、集合時間まで40分もあるので、ちょいと一杯ということでバーに繰り出す。

各瓶ハイボール¥100の文字! もちろん他にも数年前世界的な賞をとって多いに話題になった山崎のプレミアものなどもあるけど、ここは¥100でしょ!とうれしくなってクイっといってしまう。

375

すっごく得した気分でテンションあがりまくり~heart04

ほろ酔いの中工場見学。

377

もっとも感動した樽の内側の「ファイヤー」。こうやって樽は再生されて、また新たなウィスキーを生み出していくのだ。

379

見学の後はお楽しみの試飲。

380

白州って飲んだことないような気がするんだけど、まさに「生まれた場所」にていただく「白州」はとっても華やかで激ウマだったのでした。山崎も試飲できたんだけど、軍配はこっち。この地の美味しい「白州空気スパイス」を一緒に味わったからだよね、きっと。

それにしても会う人会う人がみんなすこぶる感じがいい人たちだった。サントリーって素晴らしい!と思ったよ。

でもってか知らないけど、帰りの車ではシャレがわかるメンバーが購入したサントリーCMソングの「人間みな兄弟」をガンガンかけながらドライブ(※ドライバーは飲んでないからね~)。口笛ふき~の、指パッチンし~ので別荘に戻ったのでした。そして指パッチンをしながらみんなで大合唱の宴が深夜まで続いたのは言うまでもありません。当然お酒は「白州」ね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧