« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

錦織健プロデュースオペラ『愛の妙薬』

お待たせ~smile これも書いちゃいます。

行ってきました、大宮ソニックシティ。アタクシにとっては前回のドンジョ以来の大宮です。特にウチから格段にアクセスがいいわけでもない大宮のチケットをいつも取るのか、自分でもわからないのですがcoldsweats01、今回も大宮まで行ってまいりました。

先月小平でもこのプロダクションは聞きましたので、今回は二回目。まぁ小平ではちょっとしたアクシデントはありましたが、同じ健たまプロデュースオペラ、実演予習はバッチリということで、今日は音楽の流れ、舞台転換など、叩き込まれた状態での鑑賞となったわけで。

今回のオペラ、全体的な感想として一言で言えば「メルヘン」です。若干セットが学芸会チックかなとも思うけど、メルヘンならこれもあり。そして、メルヘンの極み、出演者の衣装がとってもラブリー。特に後半の森麻季さんの衣装がか~なりメルヘンで、可愛らしかったですね。赤と白がベースのレース衣装って、とっても凝ってます。そして、もう15年も健たまファンを続けているアタシ、健たまの目元を何度も何度も双眼鏡でチェックいたしましたが、あのお目目は間違いなくカラコン、眉マスカラですね。あのはっきりしたお顔がメルヘンラブリーだったのは、ほんのりチークメイクだけのせいではないはずです。

肝心な歌の感想。やっぱり何といっても森アディーナが一等賞ですね。小平のときもすごすぎ!と思ったけど、苦を全く感じないコロラトゥーラ、今日も余裕さえ感じる出来で、なんて人なんだ!とビックリしました。世界のドミンゴが認めたというのは紛れもなく本当ですね。お顔もスタイルも抜群。・・・こんな人が世の中に存在するなんて信じられん。

そして健たま。やはり素晴らしかったです。でも絶好調を知ってるファンとしては、これがベストではないと感じました。「人知れぬ涙」は安全策でキーを落としていたし。でもね、ベストではないだけで、素晴らしかったことには違いないです。病み上がりから復活中なのでしょう。今週末の文化会館はきっとベストに違いないと思います。

ベルコーレは小平で聞いた成田さんのほうがいいな。大島さん、さすがの貫禄です。でもね、ちょっとコミカルな若い軍曹は、やはり見た目も若いほうがいい(大島さん、あなたに恨みはありません。率直なところです。ごめんなさい)。しかし小平で成田さんを聞いたとき、数日前にJADEのプレミアムコンサートを聞いていた私、「おおっ! ♪私は今~♪だ!」と飛び上がるほどビックリしたのは言うまでもありません(※あえて詳しくは書きません。わかる人はわかると思うネタです)そして、やっぱりJADEよりこっちのほうがいいです。JADEの意気込みはよくわかるのだけど・・・

もう一つ。このプロダクション、合唱も素晴らしいです。あれだけの少人数で素晴らしいアンサンブルを聞かせてくれるのは、一人一人の実力が素晴らしいからですよね。ソロを歌える実力集団なのに、きちんとアンサンブルが聞こえるというのは、とてもすごいことなのです。今回のチームが今まででベストのアンサンブルのように思いました。

この公演も後は首都圏での公演を残すのみの折り返し点ですね。む~、後は予定していなかったのだけど、もう一回くらい行っちゃう?と考え中。

アフターは広島料理のお店で、これまたいろいろと話に花が咲き・・・この話はまたいずれ。

あ。これも書いておこう。アタシ、モリマキとお誕生日一緒と言うことが判明。これはうれしいsmile

| | コメント (4)

ちょっと復活宣言!

お久しぶりです。まだよく決めていないのですが、近日中にちょっとだけ更新します。ということでブリブリガーリーなデザインに変更。

よろしくねんheart04

| | コメント (6)

香港ゴージャス旅行2009~まとめ~

パッケージではなく、航空券+ホテルという自由旅行で行った今回の香港。手探りで手配をしなければいけないものもたっくさんあったけど、オリジナルにいろいろ計画できて、とっても合理的でかつゴージャスな旅行になりましたhappy01 どれも甲乙つけがたいイベントだらけだったけど、やっぱりモエ・シャンドンなブランチが一等賞かな。これのためにまた日曜日に合わせて香港に行きたいもんlovely あとは例えばだけど、安いパッケージツアーで行ったとしても最終日の宿泊だけを自分で手配してしまってパッケージ分は捨てるといったこともやってみる価値ありかと。それくらい香港のラグジュアリーホテルは魅力的です。あ~今すぐにでもまた行きたい。

最後にお問い合わせ多数のため、オーダーした靴だけ載せます。友人知人の皆様、スーツやシャツについてはアタクシの着用でご確認をhappy01

この世界で一足だけの靴を履いているのがYukkyさんですぞsmile

239

| | コメント (0)

香港ゴージャス旅行2009~4日目 インタウンチェックイン後にアウトレットへ~

本日のフライトは夕方便。はい、午後の早い時間までだったらまだ遊べちゃうということ。

九龍駅でAEXのチケットを持っていればチェックインできるとのことなので、ホテルチェックアウト後、まずは九龍駅に向かいます。

これすっごい便利。だって、九龍でチェックインができてしまうということはスーツケースを預けてしまうことができるということ。手荷物だけで身軽になったら、最後の目的地、空港近くのアウトレット「シティゲートアウトレット」へレッツゴーです。

以下本当に備忘録。チェックイン後のシティゲートアウトレット(トンチョン駅直結)への行き方。

・AEXで空港の一つ手前の「青○」という駅で降りて、地下鉄に乗り換えてトンチョンへ。AEXのチケットでは地下鉄には乗れないので地下鉄の切符の購入が必要。青○何とかという駅で降りる人はほとんどいなくて、自動改札では降りられません。係員に、「トンチョンへ行きたい」ということ「空港へはトンチョンからはタクシー等で行くため、AEXのチケットはここで降車無効ということで構わない」等を多少説明する必要があります。

・トンチョン⇒空港へのアクセスは、タクシーが便利。35香港ドルくらいでした。時間にして10分程度。青○何とかからトンチョンまでは一旦AEXで空港に行ってしまってからタクったほうが時間は早いかもしれません。

最大の目的はヴィヴィアン・タムのアウトレットだったのだけど、イマイチ欲しいものにはめぐりあえず。結局アタシは靴屋さんでエスパドーリュ、Mちゃんは時計屋さんでカジュアル系腕時計を購入。最後の最後までお買い物を楽しめるシティゲートアウトレット、出発前にちょっと時間があったらオススメです。

| | コメント (0)

香港ゴージャス旅行2009~4日目 最終日は朝粥でスタート!~

ホテルのビュッフェの朝ごはんもとってもとっても魅力的なんだけど、今回はパッケージにはなっていないし、昨日ブランチでビュッフェは経験したので・・・ということで、今朝は計画通りに香港らしい朝粥でスタート!

お店はちゃんと決めていなかったんだけど、隣のニューワールドセンタービルにふらふらっと入ってみたら、朝から開店しているお店を発見!しかもお粥あり。ここに決定しました。

208

お粥に一品料理というセットかなと思ったのだけど、厳密には逆で、一品料理にお粥なのです。というのも、メニューは一品料理の下にお粥があって、お粥と同じカテゴリーにコーヒーが。つまり一品料理+コーヒーというセットもありだということ。これで日本円で300円程度です。やすっ!

しかし・・・噂では知っていたのだけど、このお店もそうでした。というのは、日本語メニューをお願いすると、高いセット物しか出ていないメニューを持ってこられるということ。ここはまだ良心的だけど、明らかに値段が違うメニューを渡されるところもあるとかないとか。入り口で見たモーニングのメニューを見せてくれとお願いしたら、晴れて300円コースとなりましたが、ちょっと苦笑い。まぁこの程度はご愛嬌でしょheart01ただし、日本語メニューにこだわるとそういうことにもなりかねませんので、このあたりは多少間違ってもOKくらいの気持ちでトライするのがいいかなcoldsweats01

食べすぎ呑み過ぎの胃には優しい優しい最終日の朝。

| | コメント (0)

香港ゴージャス旅行2009~3日目 夜景にはワインとイル・ディーヴォよ♪~

アタクシたち、このインターコンチをとことん楽しむべく、本日最後のイベントへと突入です。今日の午前中やスーツを受け取りに出かけたときに、ちょっとずつイベントのための小道具を買い揃えておりました。

・PONTEというオシャレなワインショップにてボルドー(メドック村)のシャトー物ワイン(ヴィンテージは2003)
・ゴルゴンゾーラチーズ
・イタリア産のガーリック入りサラミ

そしてお部屋に入ったときに目に入ってきたBOSEのスピーカーとオーディオシステム。うふ。となればCDも買わなくては!ということでHMVにて「イル・ディーヴォ」のCD。

小道具は揃いました。そしてアタクシたち、先ほどオーダーのお店で頂戴してまいりましたシルクのパジャマに衣替えlovely

全て取り揃えますと、こんなことになるのですhappy02

199

やりすぎ?smile

夜景はホントにホントにびゅーちふるでしたshineサイコーですgood

195

| | コメント (2)

香港ゴージャス旅行2009~3日目 極上コラーゲン初体験~

お腹はシャンパンで満たされていたのだけど、最終日のディナーはゴージャスにと、やはりインターコンチ内にある、香港広東料理の名店「ヤンヒートン」を予約しておりました。そんなに食べられないし・・・ということで高級食材をちょっとずつ楽しむようなオーダーで決まり!

うひ。初めていただく「ツバメの巣」のスープ。お値段ははっきり言って高い。

186

これまた高級食材、衣笠茸。衣笠の筒の中にアスパラが潜んでる。ひえっ!でもってシャキシャキで美味heart04

187

デザートはいらないと言ったのだけど、デフォルトでこういう中国菓子の棚が置かれました。コレ、日本のマンダリンオリエンタルでも見たことある飾り棚・・・。香港の流行?

188

食べ切れなかったけど、これも出来たてがサーブされるらしく、美味。

う~、それにしてもお腹いっぱい・・・ご馳走様でした。

そして、円卓2つ20名くらいで宴会をしていたどこかの日本企業の社員旅行ご一行様。このご時世で凄すぎます。下世話ですが、お会計は日本円30万は超えたんじゃないかと。あの社長、どこかで見たことある・・・。

| | コメント (0)

香港ゴージャス旅行2009~3日目 すごいぞジャグジー~

お腹もいっぱい、酔っ払い状態でまずはオーダーのスーツを受け取りに。どんなスーツが出来たかは、お楽しみに。この春のウィークディにアタシとデートの約束がある人にはお披露目しますねshineおまけとかということで、シルクのパジャマもいただいちゃいました。

るんるんとホテルに戻り、またまたメインイベントの一つ、ジャグジーへレッツゴーです!宿泊客は水着を持参すれば楽しむことができるのよheart01 ビクトリアハーバーにせり出すような格好でジャグジーがあります。

※画像はお借りしました。

アタシ達が向かった時間は夜の6時ごろだったので、既に対岸は夜景状態。これは極楽極楽なのでありますshineボーイさんもいるし、バーもあるので、ココでちょっと一杯なんていうオーダーも可能。デッキには寝そべれる長いすもあるし、ほんとスゴイのですhappy02

うひひ。ゴージャスなインターコンチ滞在記、まだまだ続くからねsmile

| | コメント (0)

香港ゴージャス旅行2009~3日目 ワタクシ、モエ・シャンドンでできてます♪~

インターコンチの予約をした理由の一つが、毎週日曜日に開催されるというハーバーラウンジでのシャンパン・ビュッフェ。地元の人にも大人気で、予約は二ヶ月待ちとか。でも宿泊客にはちょっと枠があるのか、一ヶ月前の予約で無事に予約ができていたの~happy02飲兵衛トモのMちゃん、この企画のお誘いにNOと言うわけもなく、これも今回のメインイベントだったのでしたheart04ちなみに、日本人は(うひ。決して上から目線なわけではなくってよ)香港と言うとショッピングに忙しいようだけど、世界的なラグジュアリーホテルがたくさんある香港だから、一日くらいはホテルライフの日を作って楽しむのもとってもオススメですよんnotes

予約は13:00。名前を告げたらちゃんと予約が入っており、しかも眺めの良い席ということまでリクエストを入れていたら、うひ、ビクトリアハーバーが見渡せるお席がリザーブされていましたlovely店内一席も空いていない満席状態。

178

まずココのすごいこと。シャンパン(銘柄を確認したらモエ・シャンドンsign03)がひたすら飲み放題なのれすlovelyフルートグラスになみなみとそそがれ、少しでも減ると、笑顔のウエートレスのおねえさんがそく継ぎ足してくれるのshineもうこれだけでテンションあがりまくりですhappy02

お料理もいただきましょ。これがまたビックリ。多分今までの人生の中で1、2を争うビュッフェじゃないかしらheart01

生ハム原木が3つも並んでいます。切り立てをどうぞ。

175

砕いたパルミジャーノもお好きなだけどうぞといわんばかりの豪快状態。

173

圧巻のデザート台!

232

チョコレートフォンデュのタワーまで!これ、自分で試していいわけ~?happy02

183

ではいただきま~すdelicious まずは飲兵衛のおつまみ系からスタートよんheart04

236

オマールエビは半身がごろごろとありました!

179

おほほほ、次はお肉。ローストビーフをその場で分厚く切ってくださいます。

180

「フォアグラあるよ~っ!」というMちゃんの興奮した声に誘われ、アタクシも。フォアグラはその場でソテーしてくれてお皿に乗せてくれるのlovely

182

お腹はいっぱいだけど、デザートだって行っちゃうよcakeもちろんチョコレートフォンデュもねsmile

184

これ、一粒300円クラスのショコラだよね(値段に換算してすまん)。コーヒーと一緒にいただいちゃうlovely

185

ほんとサイコーのビュッフェ。ワタクシの身体、モエ・シャンドンで出来ております~。体内中をモエ・シャンドンが駆け巡るなんて、アナタそんな経験したことある~?heart04

この後もゼータクホテルライフは続きますwink

| | コメント (0)

香港ゴージャス旅行2009~3日目 インターコンチネンタルホテル香港チェックイン!~

滞在3日目。今日でココ カオルーンホテルはチェックアウトし、後一泊はちょ~っと、いやかなりリッチなホテルへ移動ですhappy02 そう、香港一夜景が綺麗という香港が誇る超ラグジュアリーホテル、「インターコンチネンタル香港」です。正直、ペニンシュラとココどちらにするかでかなり悩んだアタシ達。お値段はほぼ一緒だったし・・・。でもインターコンチのほうが夜景が圧倒的に綺麗だし、レストランがかなり今の香港の旬な感じだったのです。インターコンチに資本替えしてから(ココは旧リージェントです)世界的な美食を集めて美食ホテルを目指している感じがこれまた期待できそうな予感バリバリだったので、コチラを予約していたのでした。もちろん指定はハーバービュールームですlovely

午前中はまだお土産を買っていなかったので、スーパーへ行ったりし、インターコンチに向かったのは丁度お昼くらいでした。ランチを予約していたので、荷物は預けて後でチェックインするつもりだったのだけど・・・うふ。用意が出来ているからどうぞ、とこれまた欧米系超イケメンコンシェルジェにお部屋に案内されます。

案内されてお部屋に入ったら・・・

170

まるで額縁のような窓の向こうには香港島のビル群がくっきり!ひ~これが夜景になるんかい? 「すご~っ!」と思わず二人で叫んでしまった。イケメンコンシェルジュ、ココのデスクでアタシ達のチェックイン手続きをしてくれたのだけど、「すご~い」という日本語を学んでおられました。もうちょっとまともな日本語覚えていただければよかったかしらねcoldsweats01でも本当にすごいとしかいいようがなかったんだものぉ~lovely

荷物もベルボーイの人が運んできてくれて、そのすぐ後にはお部屋係りの人が中国茶を入れにきてくれるわ・・・と何だか全てが至れり尽くせり。カオルーンホテルのハーバークラブラウンジのサービスもパーフェクトだったので、ココはそれ以上じゃないと満足できないよなぁなんて小生意気なことを思いながら来たのだけど、一瞬にしてそんなこと思った自分がバカだったと反省。ホテルの人たちみんなが笑顔だし、なんか心からお迎えしますという気持ちが伝わってくる素晴らしいホテル。ココはハードだけじゃなくソフトもラグジュアリーだったのですhappy02

そして・・・ラグジュアリータイムはこれからどんどんさらにすごいことになっていくのです・・・smile

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »