« 小淵沢で避暑2008~お家でグルメミート食べつくすの編~ | トップページ | 大地の恵み! »

都響スペシャル「トスカ」(セミステージ形式)

はい、何度も公言しておりますとおり、アタシはオペラでもっとも好きなのが「トスカ」です。プッチーニは全部大好きだけど、中でもテノールのアリアが美しいトスカが大好きなのです。

な~んてことを普段から叫んでいるといいことがありますheart04それを当然知っていてくれたニューヨーカーさんが、何と今日のチケットをプレゼントしてくれたのです。しかもアタシは自分では絶対に買わない(買えない)最高位のSS席!

ということで今日はニューヨーカー夫人と一緒に浮き足立ってサントリーホールへ向かったのでした。座席は1階11列目どセンター。

サントリーホールはオペラ用のつくりではないので、ココでオペラが演奏されるのはホール主催の「ホールオペラ」くらい。アタシはそのホールオペラには行ったことがないので、演奏会形式ではないオペラをここで聴いたのは初めてでした。当然舞台は狭いのでセミステージ形式なんだけどね。

ピットもないのでオケはステージの上。何とステージの後方にちょっとしたセットが組まれ、そことP席を階段でつなぎ歌手はそこで演技をするという設定でした。一幕の教会のシーンもホール据付のパイプオルガンをセットのように見立て、なかなかやるぅといった印象。

さてそのトスカですが・・・。以下良かった順に感想。

1.タイトルロールの「並河寿美」が非のうちどころのないブラァバ!

アタシはこのお方初めて聞くお名前でした。経歴的にまだまだお若いかと。しかし、文句ないボリューム、表現力、包み込むようなまろやかでドラマチックなソプラノ、写真よりずっと美人、というトスカという歌姫を演じるために産まれてきたような人だったのです。今日本でトスカを歌わせたら右に出る人はいないでしょう。このアタシでも断言できちゃうくらいすごい人でした。これからも要チェックです!

2.都響ってうまい!

多分聴くのは初めてのオケ。帰り道ぼんやり考えていたけど、在京オケで聞いたことがなかったオケってここだけだったかも。どうして聴いたことがないのかなと思うのだけど、とにかく一人一人が音を紡ぎ、それが時には繊細なシルクのようで、時には太い縄のようなすごいオケだった。ヴァイオリンの矢部さん、チェロの古川さん、オーボエの広田さんなどスターが多いのも納得。特に大好きなチェロの古川さんの3幕のソロは圧巻でした。このソロがあるからカヴァラドッシのアリアに繋がるんだなんて感じたこと初めてかも。

3.マエストロ マルコ・ボエーミ

何度か聴いたことはある人だけど、ピットの中ではなく舞台上で指揮をする姿をしっかり拝見したのは今回が初めてかな? 指揮棒を使わず、肩と腕と手によるさまざまな表現はなかなかすごいものでした。この人の指揮だったから都響の演奏がより素晴らしく聞こえたんでしょうね。

4.怖いスカルピア、直野さん

素晴らしいことは言うまでもありません。で、怖い。怖いのです。出てきただけでスカルピアそのもの。この人もこの役が当たり役なんでしょうね。でもアタシは悪役スカルピアは結構好きなので、今日も出てきたシーンから何だか嬉しくなってワクワクしちゃったよ。

オペラシンガーズの合唱ももちろんブラヴィ。合唱団で過去にお世話になったことがある懐かしいボイトレの先生のお顔も発見!

あ、そういえば今日の公演は大々的にスコーラの名前が冠にありました。会場のお客さんのほとんどもスコーラがお目当てだったかと。でもね・・・残念ながら今日の演奏はいただけなかった。大好きな「妙なる調和」の♪トォ~~~~スカ~~♪の部分なんて、こここそたっぷり歌うのがテノールの華のはずなのに、♪トォ~スカっ!♪くらいでみじか~く歌いきった。調子が悪いときのリカバリー方法としてはお見事。これには数多くの舞台を体調に関係なく踏まなくてはいけないというプロ根性も感じました。でもねぇ・・・ちょっと残念だったかな。他が良かったからTotalでは大満足なんだけどね。

やっぱりトスカはいいな~♪

|

« 小淵沢で避暑2008~お家でグルメミート食べつくすの編~ | トップページ | 大地の恵み! »

「オペラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小淵沢で避暑2008~お家でグルメミート食べつくすの編~ | トップページ | 大地の恵み! »