« 美瑛初観光 | トップページ | 旭川といえば♪・・・の一日 »

感動の夜~♪

自転車を返し美瑛から美馬牛へ電車で移動。一駅だけど結構距離はある。本日の宿へ電話をする。17:00過ぎだったらお迎えにいけるとのことだったが、時間は16:00ちょい過ぎ。歩いたら20分から30分とのことだったので、ぶらりと歩いてみることにする。宿のオーナーによると、ポプラの木を目指して砂利道の一本道を歩いてきてくださいとのこと。へ?ポプラの木?なんかココらしい目印だね~。

あった!あれが目印の木だ!

032

しかし、ホントにホントに何もない。何も何もないのだ。ほんとにこの先にアタシのお宿はあるのかしら?と若干不安になりながらテクテクと歩く。

ポプラを見つける前に少し迷ったりしたので、既に30分は歩いたところで、森が現れた。この中にひっそりとたたずむのが今日のお宿、トロルドハウゲン

033

音楽家でありエッセイストであり写真家でもある若いご夫妻が営む宿だ。ペンションでもなく、なんといったらいいのかわからないのだけど、とにかくこだわりを持ったステキな宿なのだ。宿泊は一日二組限定らしい。

駅で電話をしてから到着まで時間がかかったので、とても心配していてくれたらしい。えへへ、ちょっと迷いました。でもポプラを目指したら、ちゃんと来れました♪

ウェルカムドリンクのポーランドのお酒をソーダで割ったものをソファーでいただき、晩御飯の時間まで森をお散歩。

037

ブランコに乗ったのなんて何十年ぶりだろう。

038

039

何もかもが森とともに呼吸をしている感じ。

今日のお部屋にはこんなプレートが。

036

ほかにも、「ブラームス」「フォーレ」など、客室は全て音楽家の名前。お部屋から下を覗くと、晩御飯のテーブルセッティングが始まっている。

035

あれれ、今日はもう「一組」もお一人様らしい(^^;

楽しみにしていた晩御飯スタートです。

040

041

キャンドルの灯りでいただくとびきりのディナー。

042

043

どれもがとても美味しくて、フルコースだったのでかなりお腹はパンパン。もう「一組」の一人旅の女の子もミニのワンピースが似合うロングヘアのとっても可愛い女の子で、一緒におしゃべりをしながら楽しい時間を過ごしたのでした。この女の子はココは二度目だそうです。昨年やはり一人で来て、はまってしまい、今回はココに連泊するそう。なんて羨ましい。

お食事の後は、ココに決めた理由のひとつである、ご夫妻によるミニコンサート。照明はぐっと落とし、ムードも満点。まずは奥様のシベリウスやリスト、ショパンといったピアノ曲、その後は美瑛の冬景色をスライドで写し、ご主人のピアノ。これが凛としたピアノの音色と景色があっていて、本当に感動だったのでした。この後もご主人のピアノ弾き語りなどが数曲続きました。全てアタシともう一人の女の子のためのコンサート。こんな贅沢があるでしょうか・・・!

コンサートを終えたご夫妻と、しばしおしゃべり。気がついたら23:00を過ぎていました。この宿のコンセプト、ココに移住してきた経緯など、本当にステキなご夫妻でした。なんか夢をちゃんと実現して生きているっていいなぁって、サラリーマンのアタシにはありえない姿に、ちょっと憧れも感じてしまったな。

ホントにステキな夜だったのでした。さて明日はどんな旅になることやら・・・明日はこの旅最終日です。

|

« 美瑛初観光 | トップページ | 旭川といえば♪・・・の一日 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美瑛初観光 | トップページ | 旭川といえば♪・・・の一日 »