« ナオキ Love♪ | トップページ | 今日のブランチ »

藤原歌劇団「どろぼうかささぎ」

今年は先日のマリインスキー「ランスへの旅」に続き、ロッシーニづいているアタシ。ということで今日は藤原歌劇団、ロッシーニ「どろぼうかささぎ」を鑑賞に東京文化会館へ。

ストーリーはとっても簡単で、銀の食器が盗まれて、疑いをかけられたその家の召使のにニネッタが死刑を宣告されるという非常事態になるのだけど、食器を盗んだのは「かささぎ」で、ニネッタへの疑いは晴れ、ニネッタとその家の息子のジャンネットも結婚できることになりましたとさ。というお話。

このオペラ、序曲はよくコンサートで演奏されますが、日本でのオペラ上演はめずらしいかも・・・と思っていたらなんとオペラ形式での上演は今回は日本初とのこと。ということで、とっても楽しみに出かけました。

なんといっても今日のナンバー1はニネッタ役の高橋薫子さん。ここ何年か年末のヤマザキクリスマスケーキのCMでとってもノーブルなお声のクリスマスソングを歌っておられる方なので、耳にしたことがある人はきっと多いはず。この方、もともとすごい実力の歌手だとは思っていましたが、今日の歌を聴いて、少なくてもアタシが知っている日本人ソプラノ歌手のなかではナンバー1です!素晴らしいです。この人だったら世界に通用します。今度ソロリサイタルもあるようなので、行ってみようかと思います。

今回は新しいプロダクションだったのですが、ダヴィデ・リヴァーモアによる演出もなかなか面白かった。静と動をうまくつかって、幕があがったときは舞台の上ではまるで時間がとまったようなポーズでたくさんの人がたっていた。そこにリモコン操作によるかささぎだけが宙を舞って舞台に登場。会場にはペーザロの音楽祭などでこのオペラを観た方もいらっしゃったかもしれないけど、かささぎの登場に一瞬「なんだなんだ?」という空気が会場全体を包み、お客さんみんなでわくわく感を共有できたように思います。うん、こういう感覚もとってもいいです。しかし、今日の助演賞はこの「かささぎ」でしたね。リモコンは外国人の方が操作していたようで、かささぎ片手にカーテンコールに登場。かかさぎが飛ぶときは「ジー」という機械音がしましたが、これはご愛嬌。

大満足で帰宅し、よし、今日はロッシーニ三昧にするぞ!と決めました。

じゃん!ロッシーニステーキだ!

259

ウチの近所のスーパーでもっとも良いグレードA4の山形牛ロース霜降り、それの上に冷凍庫にあったフォアグラをソテーしたものを乗せて。ソースはキッコー○○「ステーキしょうゆ おろしたまねぎ」に赤ワイン、バルサミコを合わせてちょっとグレードアップ。ロッシーニステーキの完成なのだdelicious

全身でロッシーニ満喫note

|

« ナオキ Love♪ | トップページ | 今日のブランチ »

「オペラ」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナオキ Love♪ | トップページ | 今日のブランチ »