« 映画「シカゴ」 | トップページ | 今日から二週間 »

2008バレンタイン高級ショコラ

やっぱり今年もこの話題を書いておきましょう。

近年何故かウォッチャー化しているアタシ。今年の傾向としてはさらに「女子向けアピール力」が強かったように思います。例えばベルギー王室御用達のカーレなどはジュエリーボックス仕立てだったし(気になったのでまじまじと観てしまったんだけどね)、ポーチ仕立てだったブランドも何箇所か見かけました。

トリノオリンピックのときにはあっという間に売り切れてしまっていたカファレルは今年は潤沢に在庫があったし、ピエールマルコリーニなども今年はあまり珍しい感じではなくなってしまっていた。今年はまさに百花繚乱という感じで際立って目だっていたのはなかったかなと思います。

あ、気になっている人がたくさんいらっしゃると思うので、これも書いておきましょう。今年もロマネ入りチョコはありませんでした。今年はペトリュス入りはあったんだけどね。

そして毎年思うこと。GODIVAの価値が下がっている・・・。どんどん「価値ある義理チョコ化」してしまったような気がします。まだGODIVAが本命チョコ筆頭だった頃、付き合っていた彼がGODIVAの二段重ねボンボンショコラをもらってきて(しかも話を聞くに茶髪ロングのヤンキーな年上女から!)、アタシは嫉妬に狂いながらそのチョコを一気食いしたこともあり。今GODIVAをもらってきても、そうはならないでしょう。多分「本命でこれとは大したセンスないな・・・フ」と思うだけかも。時代は変わりましたね~。

|

« 映画「シカゴ」 | トップページ | 今日から二週間 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「シカゴ」 | トップページ | 今日から二週間 »