« NTV「TANTOクラシック!」公開収録 | トップページ | 青山Night »

うれしかったよ

今日、ときどき観ている某BBSに、見覚えのある名前を発見した。
恥ずかしいけど、遠い過去のことだからちょっと書いちゃうね。

出会いはダイアナ元妃がなくなった年だから、10年くらい前かな? その年、アタシは一回限りでプロのオペラ歌手たちと一緒にオペラの舞台に合唱メンバーとして立ちました。キャストを入れても総勢20名程度で品川の教会で公演した「こうもり」の舞台。プロといっても駆け出しの方ばかりだったけど、そのときご一緒させていただいた人たちは今ではソロの一線で活躍をしている人もいて、アタシにとってはささやかな自慢だったりもします。

そのとき、同じ合唱メンバーでテノールとして参加していたのがHくんという私より3歳年下の男の子でした。Hくんは地方の国立大学の音楽科を出ていて、夢をつかむために東京に来たばかり。でもその国立大学の音楽科卒というのはここ東京では通用しないらしく、ちょっと落ち込んでいたのが最初の印象だったかな。でもその大学はアタシの地元の近くといえば近くの大学で、学校の音楽の先生コースを選べばそこそこに音楽のエリートである大学であったことには違いないのだけどね。

で、その落ち込んでいた彼とお話をしたときに、その大学の音楽科のことを知っていたアタシはちょっと意気投合をして、その後も練習のたびに少しずつ仲良くなったのでした。

オペラの公演後の打ち上げで、その彼とはじっくりお話しました。今でも忘れられないのが電車の話。

「自分はもしかしたら乗りたかった電車には乗れなかったのかもしれないけど、線路はつながっているのだから、次の電車に乗ればいいんですよね」

これには正直ガツンでした。なんてステキな子なんだろうとね。アタシもほんとに就きたかった仕事についていたわけではなかったから、夢をあきらめないで前に進もうとしているその言葉がうらやましくもあり、くやしくもあった。

その後も今みたいにメールや携帯なんてはないから、家の電話で長電話したり、お手紙を交換したり、数ヶ月可愛いお付き合いは続きました。一度だけデートもしたかな。お金もないのになんだか一生懸命で、そこにアタシはどう対応したらいいのか、少し悩みながらだったけど。

連絡をとらなくなって数ヵ月後、お手紙がきました。新しい夢に向かってがんばりますと。アタシはそれにお返事を書いたかどうか忘れちゃったけど、それから多分もう10年がたったというわけなのです。

今日、その彼のソロコンサートの案内を見つけたのでした。HPのリンク先もあったので覗いてみたら写真の姿は間違いなくその彼。なんと経歴が芸大卒になっていた。そっか、芸大に行くという線路はつながっていたんだね。

ブログもあって、その彼ががんばっている様子、彼の今も変わらないきれいな心がよくわかる内容だった。なんだかジーンとうれしくなってしまったのです。

よし。君が新国の舞台に立つことがあったら、アタシは誰よりもおっきな花束を届けるね。がんばれ~!

|

« NTV「TANTOクラシック!」公開収録 | トップページ | 青山Night »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102372/16946619

この記事へのトラックバック一覧です: うれしかったよ:

« NTV「TANTOクラシック!」公開収録 | トップページ | 青山Night »