« 十ン年ぶり | トップページ | 朝の読書 »

歌心

オペラの師匠、H先生のリサイタルへ。

114

オペラの練習のときやレッスンのときには歌ってくれることがあるけど、ちゃんとリサイタルとして先生の歌を聴くのはこれが初めて。

今日は日本の歌を中心のプログラミング。世の中に技巧がうまいだけのオペラ歌手はたくさんいます。でも今日先生の歌を聴いて、「心がある」って思った。ものすごくハートに響く素晴らしい歌だったのでした。アタシの師匠、すごいぞ!って思いました。そして日本語って綺麗だな、アタシもこの言葉を大事にしたいなって思ったな。H先生、ステキなひと時をありがとうございました。

オペラ仲間6人でお花を楽屋へお届け。あ~、アタシもうまくなりたい。そして心がある歌を歌えるようになりたいな。

113

|

« 十ン年ぶり | トップページ | 朝の読書 »

「クラシック音楽」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102372/16998789

この記事へのトラックバック一覧です: 歌心:

« 十ン年ぶり | トップページ | 朝の読書 »