« 二周年 | トップページ | 小渕沢で避暑よ~ 2日目 »

小淵沢で避暑よ~の巻 その1

昨日の夜から小淵沢に避暑にきた。K家別荘なり。

012

アタシは別荘持ちには大変恵まれている。東は那須から西は長野まで。みんなありがと~♪

小淵沢のインターからわずか20分程度の場所だけど、山を登っている間に下界とは大違いの高原の空気になる。

002

まずは軽く朝ごはん。地元のカントリーキッチンにちゃんと焼きたてパンを手配してくれていたK家。パンを取りにいってくれたついでに、フレッシュなバジルとトマトも調達してくれて、贅沢カプレーゼとサラベスのジャムなり。うふ。まだこれがスタートなのだ。すでにワクワクモード全開!

今日はこの後、温泉に行って、食料品の買出しと決まっている。なぜなら・・・午後からはバーベキューだからだ!

お肉はA5ランクの和牛をすでにお取り寄せしている。女子チームは野菜などの準備、男子チームは炭おこしと、みんなおいしいお肉に向かってもくもくと働く。

003

霜降りだど~!

009

じゅ~じゅ~♪

006

アタシ以外は公開。モザイク付だから許せ!

日が暮れると蛾が飛んでくるということで、日が暮れるまでバーベキューを満喫♪

ということでバータイムはいつもより早くやってきた。
しかし、ここでハプニングが発生する。

犯人はなんとアタシの「レモンチェッロ」だ。

みんなに特上レモンチェッロを振舞おうと思い、持参したアタシ。ソーダで割って乾杯をする。・・・ここまでは良かった。評判も上々だ。アタシ、気分良し。

しかししかし、レモンチェッロを飲み干した順に撃沈していったのである・・・!そ、アルコールが強すぎるのだ。アタシはめったに呑めない「魔王」があることも遠くなる意識のなかで知っていたので、気力で魔王までは頑張ったが(すごい「呑み意地」だ)、まさかの夜20:00ごろには次々と倒れていた。

魔王を呑んだアタシ、さらにワインもあることを知っていたし、炭の残り火で燻製も作ったので(今回初めて自力で作ったぞ!)、ちょっと休憩してからのそのそと深夜2:00に復活した。しかし、そんなアタシに付き合ってくれる人は誰もいなくて、ひたすらレモンチェッロの威力に驚いた夜は更けていったのであった・・・。

みんな、そんなにお酒弱かったっけ?

|

« 二周年 | トップページ | 小渕沢で避暑よ~ 2日目 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102372/16104575

この記事へのトラックバック一覧です: 小淵沢で避暑よ~の巻 その1:

« 二周年 | トップページ | 小渕沢で避暑よ~ 2日目 »