« \300 | トップページ | このデフォルメあり・・・?「TANTO!クラシック」公開収録 »

日本語

多分10代の頃、母に言われたことがきっかけのような気がするのだけど。

アタシは極力「すみません」を使わない。「すみません」って便利だけど、ありがとうに使うには何か心がないような気がする。ありがとうは「ありがとうございます」と言うほうがアタシはずっと好き。ごめんなさいの意味で使うときは「ごめんなさい」「申し訳ありません」、恐縮するときは「恐れ入ります」を使う。でもマルチな「すみません」を使っちゃうほうがめんどくさくないときは使うけど、お店などの、その場限りの人間関係で使うことが多いかな。いろんな表現がある日本語、やっぱり「すみません」はアタシは好きではない。

先日本郷の老舗の和菓子屋さんの前をとおった。そのお店は多分ここ何年か改装という理由のもとずっと閉店状態なのだけど、店頭に掲げられたお客様へのメッセージの冒頭が「毎度ありがとう存じます」という言葉だった。なんて美しい日本語なんだろうってアタシは暫しその場に立ち止まってしまった。この言葉を日常でアタシが使うかといったらそんなことはないだろうけど、こういう日本語がいつまでも残ってほしいなと思う。

|

« \300 | トップページ | このデフォルメあり・・・?「TANTO!クラシック」公開収録 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102372/15306083

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語:

« \300 | トップページ | このデフォルメあり・・・?「TANTO!クラシック」公開収録 »