« お酒呑み女の会開催 | トップページ | 喉黒とハタハタに惚れる »

お芝居にグルメにお酒に明け暮れる

昨日のお昼に急に呑み友Katchin兄からメールが入る。
「明日のお昼暇だったら、演劇観にいかない?」
「はいよ」と返事。

_013 で、下北沢は本多劇場へ。本多劇場って演劇人にとっては聖地よね。アタシは初めて行く劇場。お天気がよかったので家から下北沢まで45分かけてウォーキング。途中何度かワンちゃんのお散歩中の人々に道を尋ねながら無事に到着。

_012 今日の演目は、加藤健一事務所「エキスポ」。1970年の宮崎を舞台とした一家の物語だ。一家のお母さんのお葬式のお通夜の晩から翌朝に起こるさまざまな出来事が描かれている。

エキスポとは大阪万博のことね。ところどころに「世界の国からこんにちは」が流れ、当時を知る人にとっては懐かしい感じもしたんじゃないかな。この「世界の国からこんにちは」がエンディングではちょっとホロっとしちゃう感じなんだけどね。なかなかよくできたストーリーでした。

終演後、次の待ち合わせまでちょっと時間があったので、Katchin兄と一杯ひっかけようと下北沢をうろつく。こういうときのKatchinさんの鼻はたいしたもんで、一杯ひっかけるにはぴったりのいい感じのお店を発見!

_019 屋根に覆われたちょっとした市場のような路地裏にひっそりとたたずむ「てっちゃん」。扉もなく、カウンターだけのお店。うんうんいい感じ!アタシとKatchin兄は迷わずここに吸い込まれてカウンターに座る。

_016 _018

黒生、焼酎、グラスワインに煮込み、焼き鳥など。煮込みは鶏のかなりいろんな部位が入っていて、これまた美味。焼き鳥にいたっては「鴨あぶら」と「鳥皮」をチョイス。こういうのを食べてる自分を「大人の酒呑み」だわとしみじみ思う。

この後は下高井戸へ移動し、もともと予定をしていた鍋パーティ@u-chan邸。I橋家も合流し、Katchin兄もそのまま合流。総勢5名のにぎやかなパーティとなる。

_020 鍋の前にちょっとつまもうということになり、下高井戸の市場にておつまみを購入。お肉屋さんでシャンピニオンやピスタチオが入ったソーセージ、薫玉、コロッケなどなど。すごい勢いでなくなってしまったため画像がないのだがKatchin兄が市場で目利きをし、ささっと作ってくれた「真鱈の子と大根の煮物」や繊細な包丁さばきの「人参サラダ」なども美味だったのである。

鍋は真鱈と白子を中心に。これにいたるまでちょっとのつもりのおつまみを食べすぎだったのだが、お野菜たっぷりでこれまたぺろっと完食。

今日も一日美味しかった。お芝居も楽しかったし、お酒もお料理も満足。食べすぎ、呑みすぎはちょっと反省だけどね(^^;

あ、Katchin兄の HPの日記にもアップされそうよ。そちらもチェックね♪

|

« お酒呑み女の会開催 | トップページ | 喉黒とハタハタに惚れる »

「お酒」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

土曜日はお疲れ様でした。
地元なのにまだ知らないお店が沢山あって
改めて○高○戸の奥深さを感じました。

Katchinさんとyukkyさんの手料理を満喫させて頂きました。
次回?は私もお料理頑張ります!(コワイネ)

投稿: u-chan | 2006年3月 8日 (水) 09時44分

お邪魔致しました。ってu-chanちにだけどさ。
ハムも美味かったけど、メンチカツも食いたかった。
今度はメンチも買ってください。→u-chan
またお願いします。

投稿: Katchin | 2006年3月 8日 (水) 11時04分

返信遅くなってごめんなさい!
ココログの障害があったらしく、何度投稿しても
反映されなかったのーーー!
障害は仕方がないけど、Niftyの対応はちょっと変かも。
ちゃんとしないと解約するぞー!

>u-chan
お邪魔しました。楽しかったです。
アタシはお野菜切ってお鍋に投入していただけ。
今度は是非貴重なu-chanの手料理をよろしく。
20年の付き合いであなたの手料理は数えられるかも・・・(笑)

>Katchin兄
本多劇場、面白かったです。てっちゃんも。鴨アブラ最高でした。
魚卵料理、またヨロシクね!

投稿: Yukky | 2006年3月10日 (金) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102372/8963740

この記事へのトラックバック一覧です: お芝居にグルメにお酒に明け暮れる:

« お酒呑み女の会開催 | トップページ | 喉黒とハタハタに惚れる »