« 仕事始め | トップページ | 日本橋三越吹き抜けで歌ったのだ »

1階1列目センターブロックにて宝塚観劇!

アタシ、まだドキドキしている。だってだって、宝塚歌劇を1階1列目センターにて観るというラッキーな体験をしてしまったのだ。

ファンの方に怒られることを承知で正直に告白すると、アタシは決して熱烈なファンではない。もちろん自力でそんなプレミア席を取れるわけもない。オペラのチケット発売日と宝塚一般発売日初日が重なると、ヅカファンの皆様のパワーに圧倒され、皆様がはけるまでアタシの番が回って来ず、「ふえ~ん!オペラが売り切れちゃうよぉ!」・・・ということも何度も体験しているくらいなのだ。

今回どうしてそんな席で観ることができたか。それは従姉妹のハナちゃんが「友の会」(所謂ファンクラブらしい)会員で、この日は友の会貸切公演だったからだ。おっと、これで納得してもらっては困る。友の会会員の皆さん、もちろんこの席はみーんな狙っているわけで、この席を買う権利を得るのも抽選らしいのだ。

ハナちゃんが、なんとその席を買う権利をGETしたのだ。アタシはその幸運にあやかってしまったというわけ。しかしクールなハナちゃん、当日会場前で待ち合わせをしてアタシにチケットを渡してくれるまで、その席の席番を私には伝えてくれてなかったのだ。劇場前でチケットを受け取り、その席番を観たときのアタシの目!何度もチケットとハナちゃんを交互にみる。ハナちゃんに「ここここ、コレって一番前ってこと?」と聞いたら、クールなハナちゃんは「だってSSよ。」と一言。ひゃあ、エライこった~っ!

本日、ワタクシが拝見させていただきましたのは花組公演 ミュージカル「落陽のパルシモ」とレビュー「ASIAN Winds」。

一番前というのは、その前に花道があるのデス。この手が届きそうなところを皆さんが通る?!?!とビックリしながら開演。

「落陽・・・」のほうは19世紀半ばの南イタリアが舞台の所謂コスチューム物という宝塚お得意の豪華絢爛衣装のミュージカル。男役トップの春野寿美礼の顔のちーっちゃいのなんの!軍服姿で余裕で踊る表情は、トップのオーラがバリバリに輝いている!マントを羽織ってアタシのまん前の花道を通るときなんて、衣擦れの音がしちゃうのよぉ!

「ASIAN・・・」のほうはアジアの様々な民族をとりあげた華やかなレビュー。アタシの興奮はここで絶頂に。だって花道に主要キャストが1列に並んじゃったりするんだよ~!そして、なななななんと、目が合っちゃうのよ。勘違いでも何でもなく。お人形のようなスタイル、可愛い顔、口角がキュッとあがり、音がしそうな付けまつげの大きな瞳で微笑まれちゃったら・・・もう、アタシは気がついたら口がだらしなく開いちゃっていました・・・。

興奮のまま、終演。ぼーっとしたまま外に出たら「すみれ色」のマフラーを首に巻いた女性が勢ぞろい。多分「寿美礼」さんのファンクラブの皆さんの出待ちなのでしょう。ここ数日、氷河期のような東京、今日も冷凍庫のような外だったけど、出待ちの皆さんは清く正しく並んでおられたのであります。

興奮状態のワタシ、「一番前って目が合うのぉ?」とハナちゃんに聞いた。クールなハナちゃんは「アタシなんてウィンクされたことあるんだから・・・」とポっと頬を赤らめた。

エライ体験の夜であった。

|

« 仕事始め | トップページ | 日本橋三越吹き抜けで歌ったのだ »

「宝塚」カテゴリの記事

コメント

似た経験が。
やはり熱烈なファンではないフィラデルフィア管弦楽団の公演で「ラトルがベルリンフィルをアメリカにつれてくる」スケジュールに合わせてフィラデルフィア管弦楽団を指揮するプログラムがあり、
カーネギーホールでのブルックナー(7番)と
フィラデルフィアでのブラームス(4番)を
申し込んだらどちらも最前列指揮者の真後ろに当たってしまいました。

ただし、
オーケストラの場合、ステージに一番近い席は一階席中央にくらべてチケットは安めです。あまりにも弦セクションに近すぎるから。
最前列中央になったのはどうやらコンサートが列の両端から偶数づつチケットが売れていくと、ちょうど真ん中が1枚だけ売れ残るそういう売り方になっていたからではないかと思います。

前の監督のサヴァリッシュさんの頃はムーティ様は頻繁に客演してましたが、監督がエッシェンバッハに代わったあとはムーティ様をプログラムに見ることもなくなりました。その代わりニューヨークフィルには来ていますが。

投稿: ニューヨーカー | 2006年1月10日 (火) 03時35分

うおおお~、凄い席!!
超うらやま、です。

宝塚、あのキラキラっぷりがたまらないよね。春野寿美礼はヨシキ作曲の歌があったののとき見てきたけど王子そのものだもんね~。しばらくは現実の男性がものすごーくむさ苦しく見えて困っちゃったりしないかい?

投稿: えりぞう | 2006年1月10日 (火) 10時45分

☆ニューヨーカーさん
そうねぇ。クラシックは確かに前過ぎると音は悪いよね。でもビジュアル系のときは音がどうのこうのより、前で見たい!という私であります。
その点で言えば、ウィーンのムーティ様は忘れられない思い出であります。

☆えりぞうさん
あけおめです。本年もよろしく!
こんなこと言ったらまたまたヅカファンの皆様のお叱りを受けそうですが、男役の凛々しさは、ニューハーフの女っぽさに近い、「同姓が描く理想の異性像」なのだと実感いたしました。
とにかくしなやかなオトコなのよね~♪
年始からいいもの観させていただきました!

投稿: Yukky | 2006年1月11日 (水) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102372/8085882

この記事へのトラックバック一覧です: 1階1列目センターブロックにて宝塚観劇!:

« 仕事始め | トップページ | 日本橋三越吹き抜けで歌ったのだ »