« 世田谷ボロ市 | トップページ | 和モードは続く~宙ステイ2日目・その後は熱海MOA美術館へ~ »

彦麻呂になってしまった修善寺「宙」スティ

この一月は何かと新年っぽいイベントが続いていたのだが、そのフィナーレを飾るべく、今日は修善寺温泉宙〔SORA〕渡月荘金龍へ1泊2日の旅。 あ、先に書いときます。年が明けて急に艶っぽい話があるわけなく、悪友u-chanとの旅であります。

お値段も贅沢プライスだったので、まあすごいんだろうなぁ程度の期待度だったのですが・・・!ビックリのお宿だったのであります。

_003 まず入り口。ここでバリバリのコンセプト感じます。感じるテーマは和モダンか。ターゲットは小金持ち女性グループだな、コレ。

_021 _018

お庭も美しいし、至る所にセンスのいい生け花があります。ちなみにどのお部屋からもお庭が見えて、温泉水ではなかったので入らなかったものの、内風呂も窓付き、しかもお庭側にあるという旅館のお部屋にしてはめずらしい造り。

チェックイン後、お夕食前に早速お風呂へ急行。20:00を境に男女入れ替えらしく、まずは夕焼けの露天。あいにく曇り空だったため夕焼けを満喫はできなかったけど、この時間帯が女性タイムということも、明らかに女性がターゲットだな。

いい感じでお腹も空いてきて、ワックワクしながらお食事処の個室へ。・・・ココでアタシとu-chanは彦麻呂になっちまったのであります!

_012 _011

_013 _015

この美しい懐石料理の数々をご覧くだされ。伊豆らしく、とにかくほとんどのお料理に魚介がふんだんに使われている。炊き合わせ・焼き物・酢の物に至るまで、全てが魚介類。つい、彦麻呂スイッチがON!
「味の万国博覧会や~!」
「宝石箱や~!」
「玉手箱や~!」
・・・はい、彦麻呂が叫ぶ意味がよーくわかったのであります。酢の物なんてお酢のジュレがキラキラしててほーんとジュエリーだったんだから!

_016 特にこれ。ココにしては豪快なサツマイモの焼き物だなぁと思ったら・・・!ななななんと中にはたっぷりの魚介が潜んでいました。これぞ玉手箱です。やられました!

_017 日本酒はこんな美しい切子にはいって。このお部屋の感じ、すんばらしいでしょ? このお部屋は最近テレビの取材のときにも使われたそうな。・・・なーんて話を聞くと、ちょいモデル気分になってしまい、いい気分で飲んだ日本酒は美味しかったわ♪

お食事のあとは「光の露天風呂」へ。2センチ近い厚みのガラスが張られた四角形のお風呂。夜は光の中に浴槽が幻想的に浮かび上がるというワケ。ガラスは冷たいので、温かいお湯が浴槽から溢れるときに、湯気が光の滝のように浮かび上がります。モード彦麻呂はお風呂まで続いたのだ。

この後は女友達旅行定番の恋バナなどが続き、贅沢な夜は更けていったのであります。(つづく)

|

« 世田谷ボロ市 | トップページ | 和モードは続く~宙ステイ2日目・その後は熱海MOA美術館へ~ »

「ホテル・旅館」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102372/8287749

この記事へのトラックバック一覧です: 彦麻呂になってしまった修善寺「宙」スティ:

« 世田谷ボロ市 | トップページ | 和モードは続く~宙ステイ2日目・その後は熱海MOA美術館へ~ »