« 東京オクトーバーフェスト2005 | トップページ | バイエルン国立歌劇場「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 »

そして再びオクトーバーフェストの巻

20051001 はいはい、またまた行ってきましたのオクトーバーフェスト!本日もご機嫌なりの私でございます。一昨日はテントの中を確保できなかったので、今日はテント内に陣取ってみました。

P1010478

P1010494

会場に設けられたステージではひっきりなしにこんなステージが!ドイツの本物のビアホールのような雰囲気。

P1010485 こーんなアルペンホルンまで演奏されました。こんなにすごいのなかなか聴けないよね。

P1010481P1010483

でもって音楽が盛り上がると、肩を組んで飲めや歌えや踊れやの大騒ぎ!私も会場を練り歩く「汽車ポッポ」の列に参加♪最終的に汽車ポッポは100人以上が参加していたと思います。面白かったわ。でね、節目節目にドイツの乾杯の歌で乾杯するの。この歌、今度楽譜を探しにいこう。友達との乾杯でも歌っちゃうんだから♪

席の周りもドイツ大大大好きおじさんや、何国語もしゃべれるが故に今日ミュンヘンから到着したというドイツ人観光客に捕まってしまった可愛い女の子(連れの男の子が心配そうだった)などなど、みーんな楽しかった!当然皆さん飲める方々ばかりだし、このオクトーバーフェストを楽しみにやってきた方々ばかりなわけだから、そういう共通点さえあれば、楽しくないわけないのよね。「今日が初めてじゃない人~!」というステージからの呼びかけに手をあげたの、あたし一人じゃなかったしぃ♪

そうそう、今日ね、クイズに答えてジャンケン大会があったんだけど・・・・!なーんと私、300人くらいは参加していたこのジャンケンで、最後の二人まで残っちゃったのぉ!周りの皆さんの応援もうけて決勝戦に臨んだんだけど、・・・くーっ!最後の最後で敗退。しかも相手は家族連れで来ていた小学生くらいの女の子。オバちゃん、譲ってあげたわよ、ということにしておこう。

結局4時間も滞在し、野球場の巨人阪神戦の歓声を聴きながら、外苑前のラーメン屋でラーメンをすすって帰宅。楽しいお酒はやっぱり楽しいのである。

P1010501 本日もPhoto by Yuhgo。このブログの専属カメラマンみたいになってくれてます。サンキュです♪お昼のメールは、最初は「一昨日はどうでした~?」なーんていうメールだったのに、とうとう「ねぇねぇ、行く?」なんていうことになり、あたしはほいほい乗ってしまった次第。こういうお誘い、いつでもWelcome!お天気も良かったし、真昼間からお酒が飲めちゃう、最高の呑み日和だったのであります。

|

« 東京オクトーバーフェスト2005 | トップページ | バイエルン国立歌劇場「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 »

「お酒」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「美味しいお店」カテゴリの記事

コメント

とっても楽しかったですね~♪迷いつつもやっぱりお誘いして良かったです☆
普段だとなかなか味わえない雰囲気で、ビールも美味しかったですね。ビールの種類によってジョッキやグラスにするのもそれぞれの味を楽しむ為に理由があるのかなとも思ったりしました。考えすぎかな。
歌ったり踊ったりなぁんだか何も考えずにただただ楽しかったです☆ こういう時、やっぱりのん兵衛で良かった~と思いますd(*^O^*)b 
毎年、こんなのあるといいんですけどね~♪
今度はドイツのオクトーバーフェストに行っちゃうとか?♪

投稿: Yuhgo | 2005年10月 3日 (月) 00時45分

飲みに行くのは気分なので、前もった約束より、突然!みたいなのがかなり好きな私です。ということで、昨日はあのお天気のなかかなり「気分」だったので♪ お誘いありがとう♪
グラスはずばりそのとおりでしょう!ベルギービールがまさにその典型だよね。
ドイツのオクトーバーフェスト、ぜひ行きたいね~!ミュンヘンとザルツのあたりを巡る旅がしたいなぁ。

投稿: Yukky | 2005年10月 3日 (月) 01時07分

Yukky様&Yuhgo様
ビットブルガーピルスは文字通りジャーマンピルスナーですが本ビールは、
ドイツサッカー代表GKオリバー・カーン選手ご愛飲なのです。
豊潤なピルスは良いですね。
手前ミソですが銀河初代ピルスナー「苦味のピルス」を思い出しました。
ケストリッツアーはゲーテが愛したかどうか真偽はともかくとして大変に
優れたシュバルツ(下面発酵の黒)ビールでした。日本では宇都宮の
ロマンチック村の黒ビール(シュバルツ)が好きです。
スタウトとシュバルツの飲み比べは最高です。
エルディンガー・ヴァイスはスタンダードで何の変哲もないのですが、
酸味と甘味、コクとキレのバランス更に香りが素晴らしい。
滑らかなな白い泡にもホレボレ。徹底した温度管理と職人芸ですよね。発酵タンク容量が知りたい。もし30キロ超タンクであれば神技です。
レーベンブロイはレーベン=ライオンの通り独特のまったり感を伴った
ドイツラガーでありますがピルスとは幾分違うキャラですね。
日本版はアサヒが本国版はレーベンが造っています。
スーパードライは云わずと知れた国内売上ナンバーワンビールであり
文句のつけようはないのでありますが、ひとつだけ云わせてください。
副原料たっぷり麦芽67%しかないビールがオクトーバーフェストに出品
されるのはやっぱり致し方ないんでしょうね。特別協賛企業の代表作
だしね。でもスーパーモルトだとか子会社にも100%の美味しいのが
あるんだからそちらも出して頂きたかったと思いました。
いずれにしてもナマステ・インドフェア(代々木公園)と掛け持ちだったので数時間しか居られなかったのですが猛残暑?も手伝い堪能~堪能の
1日でした。
長々すみません。おやすみなさいませ。
柴信

投稿: 柴信 | 2005年10月 3日 (月) 01時47分

アイン プロージット アイン プロージット 
デア ゲミュートリッヒカイト 
アイン プロージット アイン プロージット 
デア ゲミュートリッヒ カイト

アイン ツヴァイ ドライ プロージット!

いいよね、コレ。 Ein Prosit der Gemütlichkeit

エライ昔にドイツ ビアパブで聞き歌ったのですが、
2度と忘れないんです。
ではまたどこかの呑み屋で。

投稿: katchin | 2005年10月 3日 (月) 17時01分

柴信さま

出張していたため、せっかくのコメントにレスをつけるのが遅くなり申し訳ないです~

その協賛企業のは私たちはもちろん飲んでません!あそこで飲もうとは思わないですよね。でもジョッキで¥500で割安だったせいか、飲んでいる人はちらほらでした。

ナマステ・・・も楽しそうですね。春にひそかにインド大使館で開催される「サクラ・・・」なんとかというイベントも興味があるのですが、行ったことあります?私はいつか行きたいです。

投稿: Yukky | 2005年10月 5日 (水) 00時16分

Katchinさま

そう!その歌なのよ~!あれいいよね。ドイツ旅行の際には是非現地の人とジョッキ片手に歌いたいよね。

ではまた気まぐれ呑み会をいたしましょう。明日ノー残業DayはY江さんの送別会です。

投稿: Yukky | 2005年10月 5日 (水) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102372/6210288

この記事へのトラックバック一覧です: そして再びオクトーバーフェストの巻:

« 東京オクトーバーフェスト2005 | トップページ | バイエルン国立歌劇場「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 »